« Narcissus in the moonlight | トップページ | 遊園地の記憶 »

El perfil de narciso

IMG_3074-g カメラ:Canon EOS Kiss Digital X 
レンズ:Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS
+ Kenko Closeup MC3
撮影日:2008/2/3
撮影モード:絞り優先AE
絞り:F4
シャッタースピード:0.6    
感度:ISO-200
露出補正:+1.3EV

 

blogRanking人気blogRankingにエントリーしています。1日1回、応援のクリックをお願いします。

3回連続のスイセンでした。今日が最終です。いろいろな顔を見せてくれました。最後は横顔で。

望遠レンズなのですが、マクロ的に使えるか試してみました。ついでにクローズアップフィルタも付けてみました。

ピントがシビアになり、ほとんどがピントのあまい写真でした。やはりマクロレンズが欲しいなあ、と思いました。(この写真は結局55mm。ならばEF-S 18-55mm USM Ⅱでもよかった?)

背景がコルク板でその色合いのせいか、この写真は絵画っぽい雰囲気があり気になった1枚なので残しました。

|

« Narcissus in the moonlight | トップページ | 遊園地の記憶 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

Hiroさん、おはようございますnotes
ちょっとご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
このところ週末に限って天気が悪く、全然camera撮れてませんdown

写真の方ですが、水仙シリーズ面白かったですよぉ~
いろいろ思考を凝らした写真、個人的には最初の影を意識した水仙が
好きですねshine
光の捉え方で、いろんな表情を楽しむことが出来、参考になりました♪

投稿: E-500 | 2008年2月 9日 (土) 09時21分

こんにちは!hiroさん
ほんとにポストカードみたいw

水仙の形も不思議ですよね。

投稿: $永★吉$ | 2008年2月 9日 (土) 16時53分

E-500さん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。

ブログが更新されず心配してました。
同じ被写体でも撮り方、加工方法でいろいろな表情になるので面白いですね。自分も勉強になりました。

では。

投稿: hiro | 2008年2月10日 (日) 01時40分

$永★吉$さん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。

スイセンってもともとはスペイン、ポルトガル方面の花だそうです。(で、タイトルはスペイン語で「スイセンの横顔」にしました。でも間違っているかも。。。)

ちなみに有毒だそうです。ニラと間違えて食して中毒になる人がいるとか。。。間違うのかな?致死量も10g程度らしく結構危険ですね。

では。

投稿: hiro | 2008年2月10日 (日) 01時45分

横からみると90度くらい曲がってるんですね。面白い!
ほんと色んな表情で楽しませていただきました。
テクニックを少々拝借するかもしれません(ぁ
自分もマクロは切実にほしいです(笑

投稿: hiro@graphil | 2008年2月10日 (日) 12時53分

hiroさん、こんにちは。

水仙シリーズよかったです。
毎回違う表情の水仙が見れて楽しませていただきました。

同じ被写体でこんなにいろいろ撮れるんですね。
とても勉強になりました。

次の写真も楽しみにしてますね。

投稿: はなこ | 2008年2月10日 (日) 17時41分

hiro@graphilさん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。

そうですね。結構曲がってますね。ああ、この辺りにも注目して撮ればよかったですね。

いえ、テクニックなんてほどのものではないので。。。
撮ってみたら、こんなんでした、って感じなので。。。

では。

投稿: hiro | 2008年2月10日 (日) 21時01分

はなこさん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。

本当はマクロ的な超アップの写真も撮りたかったのですが、望遠+クローズアップレンズのマクロもどきではピントがシビアでボケボケでした。。。

では。


投稿: hiro | 2008年2月10日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167063/40049910

この記事へのトラックバック一覧です: El perfil de narciso:

« Narcissus in the moonlight | トップページ | 遊園地の記憶 »